MENU

思春期ニキビのケアよりも大人ニキビむきのルナメアAC

ニキビが出来たらニキビケアをするというのは当たり前のことですが、いつ出来たニキビも同じようにケアしていたのでは改善されません。

 

あまり注目されていませんが、大人ニキビと思春期ニキビは違うものなのです。どのように違うものなのでしょうか。また、ニキビをケアするのに効果的と言われているルナメアACは、思春期ニキビにも効果はあるのでしょうか。

 

ニキビの違い

大人になってから出来るニキビ、すなわち一般的に吹き出物と言われるものと、思春期にできるニキビには違いがあります。

 

10代の思春期の頃に顔にニキビがたくさん出たことがあるという人はたくさんいると思います。思春期ニキビは主にTゾーンにできます。Tゾーンは成長期のために皮脂の分泌が盛んになり、過剰になる部分だからです。

 

大人ニキビの場合は、ストレスや生活習慣などもありますが、肌の乾燥によって毛穴が詰まりやすくなってニキビの発生につながることが多いのです。思春期ニキビはTゾーンに出来やすいのに対し、大人ニキビは顔の周りに出来ることが多いです。

 

ルナメアACと思春期ニキビ

ルナメアACは主に大人ニキビをケアするためのスキンケア用品です。

 

ルナメアACには、大人ニキビの発生の原因となる肌の乾燥を防ぐという効果があるので、思春期ニキビを改善するための効果はあまり得られないと思います。ニキビケアだから顔のベタつきをすべて取り除き、スッキリサッパリすればいいというわけではないのです。

 

思春期ニキビをケアするのであれば、やはり専用のケア用品を使用したほうが良いでしょう。